賃貸を探すときに業者の話をきちんと聞かないと後でトラブルのもとになります。業者も聞く人を選びます。

賃貸を探すとき人の話を聞く人かどうか見られる
賃貸を探すとき人の話を聞く人かどうか見られる

賃貸を探すとき人の話を聞く人かどうか見られる

営業担当者の能力として、話術が大事なように思われるかもしれません。確かにあればいいのですが、それ以上に必要なことがあります。それは聞く力です。お客さんの要望を聞かなければ、お客さんが求めていることがわかりません。それ以外のものを話術で言いくるめて売っても将来にはつながらないのです。人には話をするのは達者だけども人の話はあまり聞いていない人がいます。コミュニケーションをするときにしづらい人に見られることがあります。

賃貸物件を探そうと不動産会社に行きます。すると業者の担当者とコミュニケーションをします。希望物件を聞かれて、それに対する希望をどんどん伝えます。言いたいことはできるだけ細かく伝えたほうがいいでしょう。そしてその後に業者の方が物件の紹介をしてくれます。希望にできるだけ近いものを紹介してくれますが、必ずしもぴったりではありません。それについての説明をしてくれます。もちろんこれをきちんと聞いておかないといけません。

聞いていないと、後でそれを聞いていないの話になります。きちんと聞く人であれば、そのようなことはありません。以前に聞いていたとおりとのことで話も進めやすくなります。業者としても、紹介しやすい人になります。

おすすめ情報

Copyright (C)2015賃貸を探すとき人の話を聞く人かどうか見られる.All rights reserved.